Ryzen 7 7800X3Dの最適グラボ組み合わせを紹介【ゲーム性能最強】

悩んでいる人
悩んでいる人
  • Ryzen 7 7800X3Dってゲーミング性能最強なの?
  • 組み合わせるのに相性の良いおすすめのグラボを教えて!
  • 3D V-CacheとかL3キャッシュとかそもそも何?
  • コスパの高いおすすめのゲーミングPCも知りたい!

本記事ではこのような悩みを解消します。

結論、Ryzen 7 7800X3Dと組み合わせるのに適しているグラボは「RTX4070」「RTX4070 SUPER」「RTX4070 Ti SUPER」「RTX4080 SUPER」あたりです。

そして、Ryzen 7 7800X3DはL3キャッシュが96MBと従来のCPUの3倍の容量なのも特徴的。

前半で「Ryzen 7 7800X3Dの解説性能比較」、後半で「おすすめのグラボRyzen 7 7800X3D搭載おすすめゲーミングPC」を紹介しているので参考にしてください。

まずは、Ryzen 7 7800X3DがどんなCPUなのか説明します。

Ryzen 7 7800X3Dは、AMDが開発・販売するゲーミングに特化した高性能なCPUです。

従来のCPUと比較して、ゲームの読み込み速度とフレームレートを大幅に向上させる性能を備えています。

次にRyzen 7 7800X3Dの特徴を3つ紹介します。

Ryzen 7 7800X3Dの特徴3つ

Ryzen 7 7800X3Dの特徴は以下のとおりです。

  • 3D V-Cache技術による高速なメモリアクセス
  • 高い処理能力
  • 低消費電力

Ryzen 7 7800X3Dは3D V-Cache技術により、データへのアクセス速度を大幅に向上させています。

これは、ゲームの読み込み速度を劇的に速くし、フレームレートを大幅に向上させることに貢献します。

また、8コア16スレッドの処理能力を持っているので、多くのPCゲームを快適にプレイ可能。

そして、3D V-Cache技術によりキャッシュ容量が増えることで、データにアクセスするためにメインメモリへのアクセス頻度が減り、消費電力を低減することができます。

Ryzen 7 7800X3Dが向いている人

特に、「高いフレームレートでプレイしたい!」と思っている人は、ゲーミング性能に特化したRyzen 7 7800X3Dはおすすめですね。

ここでは、3D V-Cache技術とかL3キャッシュが良くわからない人に向けて簡単に説明します。

3D V-Cache技術は、AMDが開発した新しいキャッシュ技術です。

従来のCPUは、L3キャッシュがダイ上に配置されていますが、3D V-Cache技術では、L3キャッシュをダイの上に積層することで、キャッシュ容量を大幅に増加させています。

なぜゲーミング性能が高いの?

基本的にゲームでは、多くのデータを頻繁に読み書きします。

従来のCPUでは、キャッシュ容量が不足すると、データをメインメモリから読み込む必要があり、処理速度が低下します。

しかし、3D V-Cache技術によりキャッシュ容量が増えることで、データをキャッシュに保持できる量が増え、メインメモリへのアクセス頻度が減ります。

その結果、処理速度が向上し、ゲーミング性能が向上します。

3D V-Cache技術のメリット・デメリット

以下では、3D V-Cache技術のメリット・デメリットを紹介していきます。

1.製造コストが比較的高いため、従来のCPUよりも価格が高い。

2.現時点では、Ryzen 7 7800X3Dなど一部のCPUのみしか対応していない。

3.キャッシュ容量が増えることで、発熱量も増加

L3キャッシュとは?

L3キャッシュはCPU内蔵の高速なメモリであり、CPUが頻繁にアクセスするデータを一時的に保存します。

そして、L3キャッシュが大きければ大きいほど、CPUはデータを素早く処理することができ、ゲームパフォーマンスが向上します。

L3キャッシュはゲーミングPCにおいてかなり重要な役割を果たしており、ゲーミングPCを購入する際にはL3キャッシュ容量も重要な指標の一つとして検討することをおすすめします。

例えると、ゲームの攻略本を本棚に並べておくようなものです。

攻略本をすぐ近くに置いておけば、必要な情報にすぐにアクセスできますよね。

L3キャッシュも同じで、ゲームデータにすぐにアクセスできるため、ゲームをスムーズに動作させることができます。

L3キャッシュが大きいほど、たくさんの攻略本を本棚に並べられるので、ゲームをより快適にプレイできます。

まとめ

3D V-Cache技術はゲームの読み込み速度を劇的に速くし、より快適なゲームプレイを実現する革新的な技術です。

対応するCPUはまだ少ないですが、今後さらに多くのCPUに搭載されることが期待されています。

Ryzen 7 7800X3Dと他のCPUの性能を比較してみましょう。

Ryzen 7 7800X3DRyzen 7 5700XRyzen7 7700XRyzen 7 5800X3DCore i7-13700FCore i7-14700F
コア8コア8コア8コア8コア16コア20コア
スレッド16スレッド16スレッド16スレッド16スレッド24スレッド28スレッド
ベースクロック4.2GHz3.8GHz4.5GHz3.4GHz2.1GHz2.1GHz
最大クロック5.0GHz4.3GHz5.4GHz4.5GHz5.1GHz5.4GHz
L3キャッシュ96MB32MB32MB96MB30MB33MB
PBP120W105W105W105W65W125W
販売価格48,000円25,000円43,000円45,000円56,000円59,000円

Ryzen 7 7800X3Dは、コア/スレッド数やブーストクロックは控えめですが、大容量L3キャッシュによる高速なデータアクセス、低消費電力、コストパフォーマンスの良さといった特徴を持ち、ゲーミング性能に非常に優れたCPUと言えます。

Ryzen 7 7800X3Dと組み合わせるのにおすすめのグラボは以下の4つです。

上記の4つは、主にWQHDでのゲーミングを得意領域としています。

「CPUの性能と価格」と「グラボの性能と価格」のバランスがとれており、グラボの性能を上手く引き出すことが可能です。

1つ下のクラスの「RTX4060 Ti」は主にフルHDでのプレイを得意としており、Ryzen 7 7800X3Dと組み合わせるにはオーバースペック気味でコスパが悪いです。

グラフィックボード性能表

フルHDWQHD4K
RTX4060 Ti
RTX4070
RTX4070 SUPER
RTX4070 Ti SUPER
ゲームによっては
RTX4080 SUPER

Ryzen 7 7800X3Dの役目としては、WQHDのゲーミング性能を上手く引き出してあげることです。

CPU性能が低いと、グラボの性能をフルに活かせないので注意!

【こんな人におすすめ】

  • WQHDでゲームプレイしたい人
  • フルHDで高フレームレートを安定させたい人
  • 予算が潤沢な人

最後に、Ryzen 7 7800X3Dを搭載した高コスパモデルをご紹介!

今回紹介するBTOメーカーは「マウスコンピューター」と「フロンティア」です。

マウスコンピューターは国内生産&高品質が特徴で、24時間電話サポートがあるなどアフターサポートが手厚いです。

フロンティアはとにかくコスパが最強で、セールのモデルがめちゃくちゃ安いです。

4つのモデルをピックアップしたので参考にしてください!

マウスコンピューター:アフターサポートが優秀でゲーミングPC初心者も安心

フロンティア:コスパ最強、かならずセールを利用しよう

マウスコンピューター:NEXTGEAR JG-A7G70

NEXTGEARの画像
マウスコンピューターより引用
価格254,800円(税込)
CPURyzen7 7800X3D
CPUクーラー水冷
GPUGeForce RTX 4070
メモリDDR5-4800 16GB
ストレージSSD 1TB NVMe
電源750W 80PLUS BRONZE
  • RTX4070搭載モデルが25万円台で購入可能
  • ストレージ1TBと容量たっぷり
  • 電源750Wと十分な構成
  • 3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート
  • カスタマイズでLEDが選べる
  • フロントに大きなクロスを形どっているデザイン
  • クロスの真ん中にブランドカラーのマゼンタで「NEXTGEAR」のエンブレム
  • サイドガラスパネル標準装備
  • 冷却性能にこだわった設計
  • 脱着が簡単なホコリ取り用フィルターを2箇所装着

マウスコンピューター:NEXTGEAR JG-A7G7S

NEXTGEARの画像
マウスコンピューターより引用
価格269,800円(税込)
CPURyzen7 7800X3D
CPUクーラー水冷
GPUGeForce RTX 4070 SUPER
メモリDDR5-4800 16GB
ストレージSSD 1TB NVMe
電源750W 80PLUS BRONZE
  • RTX4070 SUPER搭載モデルが26万円台で購入可能
  • ストレージ1TBと容量たっぷり
  • 電源750Wと十分な構成
  • 3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート
  • カスタマイズでLEDが選べる
  • マインクラフトが無料で付いてくる
  • フロントに大きなクロスを形どっているデザイン
  • クロスの真ん中にブランドカラーのマゼンタで「NEXTGEAR」のエンブレム
  • サイドガラスパネル標準装備
  • 冷却性能にこだわった設計
  • 脱着が簡単なホコリ取り用フィルターを2箇所装着

マウスコンピューター:NEXTGEAR JG-A7G7A

NEXTGEARの画像
マウスコンピューターより引用
価格319,800円(税込)
CPURyzen7 7800X3D
CPUクーラー水冷
GPUGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリDDR5-4800 16GB
ストレージSSD 1TB NVMe
電源750W 80PLUS BRONZE
  • RTX4070Ti SUPER搭載モデルが31万円台で購入可能
  • ストレージ1TBと容量たっぷり
  • 電源750Wと十分な構成
  • 3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート
  • カスタマイズでLEDが選べる
  • マインクラフトが無料で付いてくる
  • フロントに大きなクロスを形どっているデザイン
  • クロスの真ん中にブランドカラーのマゼンタで「NEXTGEAR」のエンブレム
  • サイドガラスパネル標準装備
  • 冷却性能にこだわった設計
  • 脱着が簡単なホコリ取り用フィルターを2箇所装着

フロンティア:FRGKLB650/SG3

白いゲーミングPCと黒いゲーミングPC
フロンティアより引用
価格269,800円(税込)
CPURyzen7 7800X3D
CPUクーラー空冷
GPUGeForce RTX 4070 SUPER
メモリDDR5-4800 32GB
ストレージSSD 1TB NVMe
電源850W 80PLUS GOLD
  • RTX4070 SUPER搭載モデルが26万円台で購入可能
  • 安心のメモリ32GBでゲーム配信可能
  • ストレージ1TBと容量たっぷり
  • 電源850Wと十分な構成
  • 効率的なエアフローを実現
  • 光るパーツが映えるスモーク加工の強化ガラス採用
  • 背面に光るFAN搭載

ご紹介したグラボとRyzen 7 7800X3Dを組み合わせたゲーミングPCなら、高いゲームパフォーマンスを期待できます!

最後に、本記事のおさらいをしましょう。

Ryzen 7 7800X3Dはゲーミング性能がかなり高い

L3キャッシュが96MBと圧倒的容量を搭載

消費電力も抑えられている

コスパも高い

8コア16スレッド

おすすめのグラボは「RTX 4070」「RTX 4070 SUPER」「RTX 4070 Ti SUPER」「RTX 4080 SUPER」

RTX 4060 Tiは少々オーバースペック気味でコスパはイマイチ

なお「CPUと主要なグラボの相性を知りたい!」という人は、以下記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました